レーザーテクノロジーって何?

Posted by addminz on 2015年9月7日 in 未分類 |

レーザーテクノロジーって何?

最近、良く「レーザーテクノロジー」という言葉を耳にします。

みなさんどんな意味か知っていますか。

レーザー(レーザー光)は、現代社会で多くのところで技術応用が進んでいます。

美容・医療分野ではレーザーメスなどが有名ですし、科学分野ではよく耳にする非破壊検査やレーザーレーダーなどが挙げられます。

情報・家電の分野では身近なCDやDVDの読み取りやバーコードスキャナなどもレーザー技術が応用されていますよ。

軍事ではレーザー誘導や住の照準器などで使われています。

特に工業分野では、レーザー加工、レーザー溶接、レーザー水準器など、いろいろなところでレーザー技術が取り入れられています。

これを使った科学技術の総称が、レーザーテクノロジーの意味になりそうです。

レーザーは、媒体によって個体や液体、ガス、半導体などの種類があり、また波長によって、赤外線、可視光線、紫外線、X線などに分類されます。

現代の科学技術を大きく進化させたのが、このレーザーテクノロジーです。

レーザーテクノロジーを使った商品

レーザーテクノロジーを活用したものには、実際どんな商品があるのでしょうか。

CDやDVDの読み取りもレーザーで行われています。

またスーパーなどのレジで利用されているバーコードのスキャナーもレーザーです。

美容の分野でも、レーザー脱毛やレーザーを使ったシミ取りなどは定着していると言えるでしょう。

医療の分野ではレイシックの手術にレーザーが使われていることは有名です。

スポーツの分野では、ゴルフで良く「今何ヤードでした」といいいますが、この計測にレーザーが使われています。

レーザーをあてて直線や垂直、水平という距離が測れるのです。

これを更に応用したのが工業分野。

レーザー水準器が開発され、さらにレーザー加工として、これまで難しかった複雑な切断や、加工、穴あけなどを可能にしました。

レーザーテクノロジーを利用する

最近ではレーザーテクノロジーは工業の枠を越えて、彫刻にも応用されているそうです。

また、光と音を組み合わせたレーザーショーも、芸術的ですよね。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26