関東学院高等学校の歴史

Posted by addminz on 2016年1月8日 in 未分類 |

関東学院高等学校の歴史

関東学院高等学校は、前身が横浜バプテスト神学校で1884年に設立された男女共学の私立学校です。
完全中高一貫校であり、昭和22年に中学、同23年に高校が設立されました。
学校は神奈川県横浜市南区にあり、中学校旧本館は1929年建設で現在横浜市認定歴史的建造物に認定されています。
京急本線黄金町駅から徒歩5分に位置し、学校内には大小礼拝堂、コベルホール(食堂)、体育館、茶室、各種実験室があり、整備されています。
人になれ、奉仕せよ、を校訓とし礼拝や聖書教育も重んじています。
1985年を最後に関東学院高等学校の入学試験は実施していません。
2015年度中学校志願者は1300余名で合格者は440名でした。
偏差値は60で高校偏差値ランキングでは全国4300校中800番台で、学力レベルは高い範疇に入ります。
東大合格者を出した実績もあります。
制服は男子が紺色のブレザーとネクタイ、女子も紺色のブレザーに赤のリボンタイ、チェック柄のスカートで、チェック柄が流行する初期に採用されて今日に至ります。

関東学院高等学校で難関大学合格を目指そう

関東学院高等学校卒業後は殆どの生徒が大学若しくは専門学校に進学しますが、系列校の関東学院大学への内部からの進学生はさほど多くありません。
東大や難関国立大学合格者も輩出していますが、難関の私立大学の合格者は増加してきました。
これらの難関大学の入試に対応し、合格者が多数出ているのは関東学院高等学校には英語力を武器にして受験を戦える生徒が多いからだと分析されています。
事実、コミュニケーション英語への移行を踏まえ、比較的早期から英語で表現することを指導した結果として、高校2年生の模試では英語ができない生徒が余りいなかったということです。
難関大学では最近英語運用能力を判定する試験やGTECのスコアを入試に活用するところも出てきており、今後読む、書く、聞く、話す、の4つの技能が受験生に求められる時代になりつつあります。
関東学院高等学校卒業生は中学の時代に英語を発することを大切にし、感情をのせて読む授業も体験してきたことや、豪州、ハワイ他の海外研修制度で英語力に磨きをかけたことが、難関大学受験で良い成績を挙げたことに繋がったと考えられます。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26