グラウンドアンカーってなに?

Posted by addminz on 2016年3月2日 in 未分類 |

グラウンドアンカーってなに?

最近私は土木技術関係の資格を取ろうと思って勉強中なのですが、この前グラウンドアンカーという言葉を初めて知りました。
一体何のことなのか見当もつかなかったので、少し調べてみたところ、グラウンドアンカーとは地下水開発や地質調査業を行う際に使われる技術のことらしく、グラウンドアンカー施工士といった資格も存在するみたいです。
詳しい内容については専門用語が多くて説明が難しいのですが、かなりおおざっぱに説明すると、工事を行う際に、地滑りの末端や山の斜面などの足場が不安定な場所や、建物が単独で安定しない場合に用いる工法のことで、地中に杭のようなものを打ち込んで固定するようです。
グラウンドアンカー工法は建物を安定させるだけでなく、がけ崩れや地滑りを防ぐためにも用いられています。
まだまだ私には難しい技術で、理解するのは大変そうですが、土木事業にとって非常に重要な技術らしいので頑張って勉強していきたいと思います。

グラウンドアンカー施工士の資格

グランドアンカー施工士という資格をご存知でしょうか?土木関係に縁のない人は聞いたことがないかもしれませんね。
この資格は特殊な土木工事の際に必要な技術であるグラウンドアンカーを行う際に必要な資格のことです。
グラウンドアンカーとは簡単に説明すると、山の斜面や地滑りがあった場所などの、足場が安定しないところで土木工事を行う際に、地盤にアンカー体という杭のようなものを打ち込んで安定させる工法のことです。
グラウンドアンカー施工士の資格は、実際に現場で作業を行う際に必要になってくるのですが、資格を取得するためには講習を受けてから、検定試験に合格する必要があります。
検定試験の内容は、調査、計画、材料、防食、設計、施工、試験、維持管理、安全、法規から出題されます。
試験形式は択一式、記入式、記述式問題があり、それぞれの得点が60%以上であり、合計得点が60%以上で合格となります。
興味を持った方は資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか?


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26