転職にもおすすめ!日本のインフラをささえる施工管理という仕事

Posted by addminz on 2016年8月25日 in 未分類 |

転職にもおすすめ!日本のインフラをささえる施工管理という仕事

施工管理というと、耳慣れないイメージがあるかもしれません。
転職先としてはあまり関係がないと思っている人もいるかもしれませんが、施工管理は私たちの暮らしをささえてくれている、ものすごく身近な仕事なのです。
業務内容を大ざっぱに言うと、工事現場の総監督です。
請け負った工事がクライアントの注文通りに進むように、進捗状況をチェックし、作業員の安全を確保しつつ必要があれば指示を出します。
オーケストラで言えば、指揮者。
工事現場のすべてをきっちり把握するのが役割なのです。
施工監理技術者の業務の半分以上はデスクワークです。
朝はその日の工程を確認し、夜は1日の工事内容を記録して次の日のシミュレーションをする。
残業の多い仕事ですが、肉体労働と頭脳労働両方が好きな人には向いているかもしれません。
図面を読むのが好きな人にもおすすめの仕事です。
施工管理の領域は建築から土木、電気工事など幅広い分野にわたります。
日々の業務をこなすなかで、各分野の専門知識を自然に身につけることができます。
転職するなら施工管理仕事をつづけながら上級の資格を取得し、スキルアップができるのも大きな魅力のひとつです。

どんな人が転職できる?施工管理の必須スキル

建築や土木業界は転職率の高さで有名です。
施工管理はデスクワークが中心なので、膨大なデータを処理し、的確に分析する能力がもとめられます。
残業の多い職種なので、長時間労働にたえられる基礎体力は必須の能力です。
休憩は毎日お昼に1時間とられていますが、工事の進み具合によっては仕事が長引いたり、休憩時間がなくなってしまったりすることもあります。
デスクワーク中心と言っても、まわりとの交流がゼロというわけではありません。
実際に作業をする作業員に気持ちよく仕事をしてもらうために、リラックスした現場環境をととのえることが必要になります。
現場の空気づくりも、施工監理技術者の大切な仕事なのです。
作業員とうちとけるためには最低限のコミュニケーション能力が必要です。
工事がすべて順調に進むとはかぎりません。
現場でトラブルがあれば総責任者として間に入り、すみやかに解決しなければなりません。
万一のトラブル処理能力も施工監理技術者の必須スキルです。
工事現場がおもな仕事場なので、図面をすばやく把握する空間認識能力は身につけておいたほうがいいでしょう。
日頃からパズルが得意な人は、それだけでアドバンテージがあると言えます。
肉体労働で自分を磨きたい人は、施工管理への転職を検討してみましょう。

女性も安心して転職!明るく楽しい施工管理

建築や土木は長らく男社会だと言われてきましたが、最近では若い女性も施工管理の世界に転職してきています。
女性は男性にくらべてコミュニケーション能力にすぐれていると考えられており、グループのまとめ役や調整役に向いていると言われています。
また、女性は共感能力に長けているとされ、同僚や部下の悩みをくみ取り、上手な解決策を見つけることができます。
何よりも、女性が働いているだけで職場が明るい雰囲気になります。
男社会と言われている職場であればなおのこと、いきいきと働く女性の存在は貴重な清涼剤になるでしょう。
ただし、弱点もあります。
女性は男性よりも筋力がないため、力仕事はどうしても苦手です。
長時間におよぶ労働も、女性にとっては負担が大きいでしょう。
施工管理職の転職方法
けれどそれは、女性は施工管理に向いていない、ということではありません。
過酷な力仕事は男性がフォローし、女性特有のフットワークの軽さを活かすようにすれば、女性にも転職のチャンスはあるはずです。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26