soho賃貸とはどんなもの?

Posted by addminz on 2016年9月26日 in 未分類 |

soho賃貸とはどんなもの?

soho賃貸物件を借りる場合のことをお話ししましょう。
sohoとはsmall・office・home・officeの略です。
割と小規模な、個人や家族、友人や仲間どうし立ち上げた会社や事務所、事業所などを指すことが多いです。
最近は会社組織というよりも、場所をシェアして家賃を分けるというカタチも多いようです。
そのカタチというのは、特に定義があるわけではなく、様々なものがあります。
事務所の1フロアを細かく分けられている場合、デスクの配置だけで分けられている場合、中にはワンルームマンションを事務所として利用する場合もあるようです。
soho賃貸物件の場合は、不特定多数の人間が利用するサービス業の営業は認められていません。
個人で借りられる場合は、居住用としても利用できるものを選ばれることも多いです。
中には一軒家を借りて事務所にする場合もあります。
町の外れにある町屋を改築した物件や、田舎の空き家を再利用した物件なども最近人気が高くなっています。
いわゆる田舎暮らしをしながらビジネスができるsoho賃貸物件です。

soho賃貸のメリットデメリット

ではsoho賃貸物件の場合はどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか。
まずメリットからいきますと、第一に「保証金が安い」ことがあります。
一般的な事務所としての賃貸契約ではほぼ賃料1年分の保証金を必要とします。
しかしながらsoho賃貸物件の場合はおよそ3か月分の賃料で済みます。
それは住居契約と同じ条件でできるからなのです。
第二に「退去時の費用が安い」ということ。
事業用契約をしているわけではないので、事業用なら必要な原状回復費用が必要なく、クリーニング代として数万円かかる程度です。
第三に、事務所として使うとは言いながら、住居としても使用できるので、「家賃が二重にならずに済む」ということですね。
もちろん、これには個人差があるかもしれませんが。
第四に、soho賃貸物件は賃料に消費税がかからないのです。
住居物件として扱われるので非課税となっていて事務所契約と比べてかなりお得です。
では逆にデメリットは、「登記ができない」ということです。
郵便受けに会社名とかを表記できなかったり、もちろん看板やプレートなども掲出できないでしょう。

事務所に訪問者がある場合、少し不安にさせるかもしれません。
あとsoho賃貸物件は「住民票を物件に移さねばならない」ことがあり、税優遇を受けるためにそれを義務付けられると言います。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26