オオクワガタの幼虫の飼育

Posted by addminz on 2016年11月22日 in 未分類 |

オオクワガタの幼虫の飼育

男の子はいつの時代も昆虫が好きですよね。
カブトムシ、クワガタムシ、このあたりは男の子のいる家庭なら必ず飼育をする機会があったのではないでしょうか。
日本で一般的なカブトムシはヤマトカブトムシ、クワガタはオオクワガタという種類です。
幼虫から育てる場合は、カブトムシの方が確実に育てるのが楽だと言います。
条件さえ与えてあげれば勝手に育つというのですが、比較してクワガタはなかなか繊細なので、成虫まで育ってくれるまで、かなり手をかけてあげないといけないのです。
だからこそ虫好きな人たちの飼育心をくすぐると言ってもいいでしょう。
一時期は全体数が減ったこともあって、かなり高価なものであったようです。
大きくきれいなものほど高く売れました。
そのため、これで儲けようとする人がたくさん現れ、一大クワガタ飼育ブームが訪れたのです。
そのせいでそれなりの数が確保できるようになり、価格はそれなりに安定しましたが、相変わらず飼育が難しいので、何千円で取引されているようです。
今回はこのオオクワガタを幼虫から育てることに焦点を当ててみましょう。

カブトより難しいオオクワガタの幼虫の世話

黒いダイヤとも言われて重宝されたオオクワガタ。
幼虫を手に入れて育てるのはいいけれど、条件を整えてあげないとすぐに死んでしまう繊細な昆虫でもあります。
カブトムシなら、複数のまま、卵からいつの間にか幼虫になってサナギになっていた、ということも多いのですが、クワガタの場合は、すでに幼虫の時代から生存競争の意識が高いようで、複数を同じところで飼育すると、共食いをしてしまうようです。
より強いものが残ろうとする自然の原理なのですが、これが個体数を増やさない原因にもなっていると言えるでしょう。
つまり、数を減らさないように飼育するならば、1匹ずつ離して飼育するのが基本のようです。
1匹ずつ、透明のプラカップに飼育用のマットを入れてその中に入れます。
このマットをいい状態で保つことが割と重要になってきます。
マメに換えてあげたり、水分や温度調整をしないと、途端に死んでしまうことになります。
温度管理の差で成長にも差が出るようです。
オオクワガタの幼虫の飼育はなかなかの難しさです。

価値の高いオオクワガタの幼虫を育てよう

なかなかの難しさを極めるオオクワガタの幼虫の飼育ですが、その難易度をクリアして成虫にまで育て上げた時は子供でなくても嬉しいことだと思います。
手がかかることに加え、飼育のための最適な環境作りはそれなりにお金のかかることになるでしょう。
でも一旦、飼育のコツを掴んでしまうと、意外に難しくないと言われる方もおられるようです。
芸能人の方にもクワガタの飼育にはまっている人はいらっしゃるようで、大きさを自慢げに語っているのをよく見かけます。
天然、つまり自然から採取したもので大きいものは、まだまだ希少なので、かなり高値で取引されているようですが、こうして人工的に飼育したものでも、成虫として大きくするのは至難の技のようで、大きくなった場合はかなり高い値段で取引されているようです。
クワガタの飼育というのは、単に昆虫を丁寧に育てていくことの楽しみもさることながら、自分の飼育の結果が金額や評価としてしっかり現れるということに魅力を感じるのかもしれません。
オオクワガタの幼虫を飼ってみる
あなたもオオクワガタの幼虫の飼育、トライしてみませんか。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26