最近になって標的型攻撃メール対策の必要性を感じるようになった

Posted by addminz on 2017年2月6日 in 未分類 |

最近になって標的型攻撃メール対策の必要性を感じるようになった

私は小さな会社でソリューション事業を行っているのですが、先日付き合いのある会社が標的型攻撃メールの被害に遭ったという知らせを受けました。
幸いその被害は取引先にまで及ぶことはなかったらしく、被害は最小限に食い止どめられたらしいのですが、それでも取引先の信用を大きく失ってしまったようです。
私はその件について知った後、我が社でも早急に標的型攻撃メール対策をする必要性を感じました。
一応我が社でも標的型攻撃メール対策として、件名の怪しいメールは開かないように社員に徹底させたり、ウイルスソフトが更新されたらすぐアップデートするよう教育してきました。
しかし今回付き合いのある会社が被害を受けた知らせを聞いて、今やっている人的な対策だけでは、完全に標的型攻撃メール対策を行うことは難しいということをつくづく実感しました。
もちろん今後も人的な標的型攻撃メール対策は継続させていくつもりですが、それ以外にも何かしらの対策は必要でしょう。

自社のパソコン全てで標的型攻撃メール対策を実施することに

これまで標的型攻撃メールには人的な対策のみ実施してきた我が社ですが、いよいよそれ以外にも何かしらの標的型攻撃メール対策を早急に実施することになりました。
しかし、いざそうした対策を始めようと考えた時、一体どうすればよいか分からなかったため、まずはネットで標的型攻撃メールの対策をサービスとして提供しているような企業がないか検索することにしました。
そうしてネットでいろいろ調べてみると、我が社が今必要としているような標的型攻撃メール対策のサービスを提供している企業を見つけることができました。
それで実際にそのようなサービスを自社のパソコン全てで実施してみることにしたのですが、やはり人的な対策以外で標的型攻撃メール対策を実施する前と後では、安心感が全然違いますね。
標的型攻撃メール対策を行うにあたって必要なこと
人的な対策だとどうしてもヒューマンエラーというものが起きてしまうものですが、ちゃんと標的型攻撃メール対策を行っている企業のサービスを利用すれば、ほとんど間違いは起きないですからね。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26