大涅槃を目指す念仏宗

Posted by addminz on 2017年5月19日 in 未分類 |

大涅槃を目指す念仏宗

涅槃とは、仏教の概念の一つです。
念仏宗では、釈迦の一生を辿り、大涅槃までに至る教えを尊んでいます。
釈迦の入滅をあらわしたものを、涅槃像や涅槃図と呼びます。
頭を支えて寝ている姿で、方角は頭が北向き、顔が西向きとされています。
すべての教えを説き終え、さとりの境地に至り、入滅した後の涅槃像が多く見られます。
最期の説法を説いているため、開眼している涅槃像もあるようです。
タイの寺院で見ることが可能です。
故人を北向きに寝かせることも、涅槃からきたといわれています。
釈迦は現世は苦の世界であると説いたそうです。
思い通りにはいかないため、煩悩や執着を捨てることが大切という意味です。
涅槃寂静に向かって、煩悩を減らしていくことにより、念仏宗でも安心を得て一生を終えられると説いています。
あらゆる苦から離れたい、という煩悩や執着を捨てるためには、智慧が必要なのです。
念仏宗では煩悩を捨てることを大切としており、たどり着くところを大涅槃としています。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26