念仏宗で大切にしている、仏教の智慧とは

Posted by addminz on 2017年5月19日 in 未分類 |

念仏宗で大切にしている、仏教の智慧とは

法事を通して触れるだけでなく、実は仏教の教えは日常生活で使えたり、納得できるものが多いのです。
日本で仏教に触れる機会といえば、お盆やお葬式を思い浮かべる人も多いかと思います。
仏教には多くの教えが存在します。
浄土三部経を経典とする念仏宗の中心にあるのは、釈迦の教えです。
仏教の宗派は多岐にわたり、それぞれの宗派において、仏教の開祖である釈迦の教えは異なる解釈がされています。
依拠する経典や、作法などにも特徴があります。
仏教の代表的な教えについては、共通している部分も多く、「智慧」という言葉は広く知られているといえます。
智慧とは判断力を示す言葉で、念仏宗でも智慧は重んじられています。
正しく物事をとらえて判断する力のことをいいます。
心が穏やかになる念仏宗の教え
知識が多いといった学問的な部分や、知恵を使うこととは類似しているようで異なります。
仏教の教えで重視されるこの智慧は、「さとり」ともいわれます。
物事をよく理解しようとする力ともいえます。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26