智慧の完成と念仏宗

Posted by addminz on 2017年5月19日 in 未分類 |

智慧の完成と念仏宗

仏教は智慧の宗教であるといえるでしょう。
念仏宗でも、智慧の完成を目指すことができます。
仏教の教えでは、苦の原因である煩悩を克服する必要があります。
智慧は、物事をよく理解し、判断力を養うことだとわかりました。
心を悩ませる煩悩を取り払って、智慧を得ます。
智慧を得るために、「南無阿弥陀仏」という念仏を唱えます。
南無阿弥陀仏という念仏は、仏になるための智慧の一つだといえるでしょう。
念仏宗では、「智慧の完成」を般若波羅蜜として、大涅槃を目指しています。
大涅槃は、煩悩のない状態を指します。
般若経という大乗仏教の経典のなかで、智慧のことを般若ともいいます。
そのなかで、サンスクリット語が起源の般若波羅蜜という言葉が、「智慧の完成」と訳されているのです。
仏教における修行の結果として、般若波羅蜜は、「さとり」を得たといえるでしょう。
大涅槃の意味の解釈は念仏宗だけではなく、宗派ごとにさまざまな意味づけがされています。


Parse error: syntax error, unexpected '<' in /home/swzrvoq8/public_html/wp-content/themes/desk-mess-mirrored/footer.php on line 26